Amyの日常

美味しいもの、お買い物、お出かけと旅行。好きなことが多すぎて絞れませんのでなんでも書きます。

LVヴィトンのカプシーヌBB雑談(口コミ的な)

 

こんにちは!!

 

初めに

今日はですね、こんな記事を見かけました。

ルイ・ヴィトン」や「ディオール」などを手掛けるフランスの高級ブランド大手、LVMHが12日発表した第1・四半期決算は、「ディオール」など高級ブランド部門の販売が好調で、売上高が180億ユーロと、前年同期の139億6000万ユーロから増加した。

為替相場変動を除いた既存店売上高は23%増加し、アナリスト予想の18%増を上回った。最大部門であるファッション・皮革製品部門の既存店売上高は前年同期比30%増加し、伸び率はアナリスト予想の17%を上回った。

ギオニー最高財務責任者CFO)は、「ディオール」と「セリーヌ」部門が他部門よりも急速に伸びたと説明。ブランド製品価格について、経費を反映しながら妥当な値上げを続けると説明した。

 

またもや増益!コロナ以降ブランド品の売上が急成長しているここ2、3年。私も夫の煽りのおかげで次々とディオールを収穫したのですが、ここに来て突如のヴィトンです。あまり興味がなかったのですが、高級ブランド品と言えばヴィトンくらいにその地位は全世界で揺るぎず、圧倒的な知名度と売上で「ザ・ブランド」的なイメージです。

正直、昔は少しダサいなという印象だったのですが、ヴィンテージブームとスピーディー25(ハリウッド女優が好きな)やポシェット(チェーンウォレット的な)、カンヌ(バケツみたいなやつ)に代表される若い人向けのデザインが好調で、最近はとても素敵なモノが増えたイメージです。

ですが・・・そのヴィトンから出ている『カプシーヌ』という新アイコンバッグ。お値段はなんとスタンダードタイプで80万円台!生涯モノで一生使えると言われているため、購入から感想を書いてみます。(サイズやカラーは公式HPで随時上がっているので、そちらでご覧ください。)

購入品

まず今年2月に購入した『カプシーヌBB』、色は「ガレ」お菓子みたい笑 BBはサイズ的に真ん中で、MINI→BB→MMになります。おしゃれだけどめんどくさいスタバみたいなので正直SMLでいいんじゃないか説。

f:id:yuyi09:20220413142525j:plain

カプシーヌBB &ツイリー

革質

上品でしっかりしていて革の質やツヤがとても良くてトリヨンレザーです。エルメスバーキンやケリーにも使われているレザーです。

ちなみにトリヨンとは、

牛革1種で、生後6カ月から1年までの(雄牛)中牛の革で、仔牛のため表面のキメが細かく、傷も少ない革です。同じ牛革の「カーフ」(生後約6ヶ月以内の仔牛)に比べ革が厚く強度がある素材なので、汎用性が高い高級素材です。

トリヨン独特「シボ」(革の表面にちりめん状に細かく寄った不規則なシワ模様)が唯一無二の「革の表情」となり温かみを感じます。トリヨンはとにかく傷に強く耐久性が高いのが特徴です。その為、使用頻度の高いモノに最適と言われています。カーフは柔らかくて高級感があるのですが、ひっぱりや鋭いものですぐ傷になります😭ラムレベル・・・なので女性らしく女の子らしい可愛いディオールはカーフやラム素材オンリーです(褒めてます好きです)。エルメスやヴィトンはいかにも大人の女性、かっこいい女性が持ちそうなイメージなのでトリヨンなんですね!(偏見まみれ)もちろんその他もあります。

f:id:yuyi09:20220413145742p:plain

トリヨン独特の「シボ」とアイコンLV
公式よりお借りしました。

ディオールを持つときはドキドキする庶民なので、その点ではカプシーヌの時は多少のぶつかりや擦れに動じなくなります。

重量

最難関の重量。私が家のキッチン計りで計測した重さが約847g。ディオールのブックトートスモールより少し重い感じです。肩がけは少しダサいのと大きいので腕持ちですが、ワタシ、腕が細いのですぐ痺れますが、そんな私でもさほど重くは感じませんでした。多分出かける時間がいつも2時間程度で、入れ物もハンカチティッシュとリップ、ペンやチョコかキャンディーくらいなので笑(iPhoneとカードはほぼ手持ち)。ただ沢山入れる方は軽く1.3kg越えになりますので、(ペットボトル2本以上)お気をつけください。ちなみにMMはめちゃくちゃ重かったです。身長165cm以下ならBBがおすすめです〜(私は162cm)

f:id:yuyi09:20220413145003j:plain

いつも腕かけスタイル

使い勝手

とても使いやすくてお気に入りです!なんせ私ブックトートやLady diorを日常使いしていたので(仕切りがなくごちゃごちゃになりがち)、カプシーヌの縦に分けられている2段階収納がとても嬉しいです。iPhone、小さめの財布か手帳、ハンカチが縦でもすぽっと入りますし、エコバッグや200mlの紙パック飲料も入ります。

(公式よりお借りしました。)↓

f:id:yuyi09:20220413145621p:plain

縦に仕切りがあり使いやすい。意外と入る。

色味とデザイン

正直最後の最後まで黒が捨てきれなかったのですが、今ではガレにして正解だと思います。元々綺麗でかっこいい雰囲気ではないので、ガレの優しい色が似合うと言われました。でも黒革×ゴールド金具が最高なのも事実です。こればかりは鏡を見てひたすら納得いくまで合わせる、手持ちの洋服の色にも合わせる、しかないですね!

デザインはハンドル部分がパイソンレザー(蛇)のを勧められますが、アジア女性で普通の人(笑)なら絶対お勧めしません。芸能人やインスタグラマー、モデル、キャバ嬢や資産億単位の奥様にはお似合いですが、一般人がパイソン ...笑 このバッグ、舌を出せばLVのロゴが隠れてママ行事や通勤にも使えるエレガントなデザインです。パイソンレザーを街中で見かけたことがないので、多分持っている方は電車に乗らないんですよね。故にアイコンバッグは絶対にクラシカルなタイプがいいと思います!

(公式よりお借りしました。)↓ すごい・・・かっこいいけど無理です笑

f:id:yuyi09:20220413151057p:plain

パイソンレザー

まとめ

エレガントで優雅なデザイン、飽きのこないフォルムと上質な革、使い勝手の良さとブランドイメージ、(私的に)どれをとっても良いバッグではないでしょう〜買ってからは大好きでお気に入りです。このバッグを何故か好きで教えてくれた夫くん、値上げを知り猛プッシュしてくれた夫くん、百貨店へ連れ出して即決してくれた夫くんに感謝です。

おまけ

人間って80万を前にすると、3万は端数なんですよね笑。ついつい巻いてくれたツイリーも購入しました。普段は3000円でも考えて使うようにしているのですが、この時だけは別です笑 ヴィトンのアイコンバッグたちがずらりと並んでいてこれはこれでとても素敵です!使い道...はまだないですが、秋冬にはハンドルに巻き巻きして使いたいと思います。

f:id:yuyi09:20220413171818j:plain

一緒に購入したツイリー

エルメスと・・?

巷で「ヴィトン値上げでカプシーヌに80〜100万出すなら私はバーキンとケリーを待つわ」と言っているマダムを見かけます。えっと・・まずカプシーヌは普通に買えます。フォルムも使い勝手も劣りませんので、何故比べるの〜と思います。確かに台形バッグでワンハンドルといえばケリーなのですが・・なかなか買えません。コロナ禍で昔1:1だったのが最近では1:1.4くらいになったと聞きます。それに色もサイズも選べない課金システム。オンラインも無理。お金持ちのゲームなので中産階級が安易に足を踏み入れたら底なしの沼です。エルメス専門店では人気のカラーがほぼ新品状態だと200万〜300万は普通です。180万の型崩れ中古を買うなら、私は他のブランドで素敵なひと時を過ごしたいです。

余談

女性であれば誰しも人生で必ずブランド品やハイジュエリーに目覚める時期と興味のある時期が訪れると思います。片や情報時代の世界にいる私たち…売り手の広告手段も多様ですが、自分の好きな芸能人やモデル、ドラマで使われたファッションアクセサリーの情報が安易に受け取れるこのご時世、影響は計り知れません。何事もそうですが、決断の前に己の財力、社会的属性と価値観を今一度確かめながら、己の欲望と付き合っていくのが正しいように思います。欲しいものは絶えませんが、それは心が若い証拠であ、日々頑張る理由にもなります。

あの人はアイドルと推し活に、あの人は旅行とホテルに、あの人はペットに、あの人は美容とグルメに、あの人はマイホームに、あの人は車に、あの人はブランド物に...それぞれ課金する対象は違いますが、気持ちは同じだと思います。「〜〜が好きだからこの人は〜〜」みたいな偏見が減るといいですね。

それに生物学的にも心理学的にも、女性は生まれ持ってキラキラするものとブランド品が好きなんです。

追記

2022年6月のカプシーヌデート

ご縁があり、素敵なお姉様と銀座でカプシーヌデートが実現いたしました✨(シャネルデートと同じお姉様)初対面なのに久しぶりに会った友人のようで、とても楽しいひと時を過ごせました。ヴァンクリーフの時計もつけて記念に写真を撮りました〜

amyzhou26.hatenablog.com

カプシーヌデート

銀座でイタリアン

 

今回もお付き合いありがとうございました!
よろしければポチッとお願いいたします(๑>◡<๑)

にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村